ドッグフードの缶詰の価格

ドッグフードの缶詰の価格

ドライフードは保存性が良く、価格も安めなので主食としてよく使用されています。
缶詰などのウェットフードは、一個あたりの価格が高めなので、おやつや御褒美などとして、頻繁には与えないという人が多いと思います。
では、缶詰のドッグフードはどのくらいの価格で売られているのでしょうか。

缶詰タイプのドッグフードも色々な種類があります。
一缶100円前後で売られているものは、肉や野菜、魚などを使用していますが、量が少なかったり質があまり良くないということがあります。
高級缶詰と呼ばれる部類の物になると、一缶で500円以上、中には1000円近いものもあるなど、価格にかなりバラつきがあります。
病気や肥満、高齢など健康に問題のあるワンちゃん用の缶詰は、大体150円~300円程度で売られています。

ある調査で、ワンちゃんの1カ月当たりの食費を調べたものがあります。
平均金額は4843円で、一番多かったのは2500円~5000円未満です。
仮に一缶100円の缶詰を1日に2食与えるとすると、月の食費は6000円になります。
大型犬の場合缶詰一缶では足りないので、10000円を超えてしまうこともあります。
一方、ドライフードの場合は小型犬で2~3キロ、大型犬で15キロほどの量を食べます。
小型犬であれば1キロ1000円程度のドライフードを与えても月に3000円ほど、大型犬であっても1キロ500円という安価なものであれば10000円かかりません。
平均価格を見てみると、ドライフードをメインに据えて、缶詰はたまに与えているということでしょう。

実際は缶詰のドッグフードは水分量が多い分、量に対して栄養が不足している場合が多く、缶詰だけで栄養を賄おうと思うと、値段とカロリーがかさんでしまい、ワンちゃんにとっても飼い主にとってもあまりよくありません。
病気や加齢などの理由がなければ、缶詰を主食にするのはやめた方が良さそうです。

安価な缶詰にはいいかげんな原材料を使用しているものや、添加物がたくさん入っているものもあります。
たまにしかあげないのだから、と割り切ってしまって、高くても良いものをあげるのも良いのではないでしょうか。
同じものでも通販で購入すると安くなったりもするので、購入方法を工夫するのも手です。

ページのトップへ戻る