ドッグフードは何を基準にチョイスする?

ドッグフードは何を基準にチョイスする?

人間とは違い、ワンちゃんは同じドッグフードを毎日食べるので、どんなドッグフードを選ぶかはとても大切です。
ですが、たくさんの商品があり、それぞれにメリットデメリットがあるので、どれを選べばいいのかというのは素人にはなかなか難しいです。

まず気になるのはなんといっても値段です。
大型犬や多頭飼いの場合は消費量も多いので、切実な問題です。
高ければ良い物というわけではないので、安いフードでも問題はありません。
ですが、安い物にはそれなりの理由があります。
たとえば、高いドッグフードは鶏油、ラム肉といったように原材料がはっきりと記載されています。
安い物になると動物性油脂、チキンミールというように、どんなものを使用しているのかわからない物が多くなります。
チキンミールと書かれている場合、材料が手羽先なのか、羽根やトサカなどの寄せ集めなのかわかりません。
安く作れるからと、本来なら捨てる部分を使用している場合もあるということです。
安いフードを購入するのであれば、原材料を良く見て、なるべく何が使われているのかわかる物を選びましょう。

原材料を見た時に気にして欲しいのが添加物です。
ドッグフードに関する規制は人間用の食品とは違い、国によってはかなり危険な添加物が使用されていることがあります。
全く添加物が使用されていない商品は少ないですが、これから挙げる特に危険な添加物は避けるようにしましょう。
エトキシキンは非常に強い酸化防止剤で、海外で生産された物に使われていることがあります。
皮膚炎などのアレルギーの原因となったり、発がん性があるといわれている危険な物質です。
BHAはガソリンに用いられる酸化防止剤で、一部の食品に使用が認められています。
ですが、発がん物質であるとされていて、マウスでの実験では死亡例もあります。
同じようにBHTや亜硝酸ナトリウムも発がん性があると問題視されています。

着色料も発がん性やアレルギーの原因になるとされています。
ワンちゃんの食事に着色料は必要ありません。
意外と知られていないのはキシリトールの危険性です。
ワンちゃんにとっては百害あって一利なしで、少量摂取しただけでも血糖値が低下してしまうので、絶対に与えてはいけません。

病気や肥満など健康について気になる点があるのであれば専用のドッグフードを与える必要がありますが、普通の健康なワンちゃんの場合は、余計な物を使用していないドッグフードが一番です。
なるべくシンプルな原材料の物を選ぶようにすれば、アレルギーの心配も少なくなります。

ページのトップへ戻る