においを抑えるドッグフード

においを抑えるドッグフード

ワンちゃんを飼っている人は慣れてしまって気付かないことも多いですが、ワンちゃんはけっこう臭いがします。
体臭や口臭だけでなく、便の臭いやドッグフードの臭いなど、おうちの中だとかなりの臭いがするものです。

動物なので臭いがするのは当然です。
人間の体臭が人それぞれなのと同じように、ワンちゃんによっても臭いの強さが違います。
臭いを完全に消すことは不可能ですが、臭いの強さに影響する原因を見直すことで、臭いを抑えることはできます。
では、臭いの原因にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、口臭の原因として口の中のトラブルや糖尿病などの持病が考えられます。
特に歯周病など口の中に問題があるワンちゃんはたくさんいます。
口臭の原因になるだけでなく、歯に問題が起きると健康にも影響が出てしまいます。
定期的な歯磨きはもちろん、歯垢がたまるのを防ぐ効果のあるおやつhttp://xn--qckubrc3d4m.tk/himan.htmlや、歯に付きにくいドッグフードを選ぶことでも効果があります。

体臭や便の臭いは、ドッグフードによって変わることもあります。
よく人が肉を食べると便が臭くなるといいますが、消化しにくい物を食べたり腸内環境が悪くなっていると便の臭いが強くなります。
腸内にたまったガスが原因で便以外にも体臭が強くなることもあるので、消化の良いドッグフードを与えて腸内環境を整えるのは大切です。
安いドッグフードに使われている動物性油脂やミールなどはっきりと記載されていない質の悪い脂肪は、消化が悪く下痢をしたりしてお腹の調子が崩れてしまうことがよくあります。
便の臭いが気になるようであれば、腸内環境を整えることを目的としたドッグフードもあるので、そういったものを試してみるといいでしょう。
臭いが抑えられワンちゃんの健康にもつながるので、一石二鳥です。

ワンちゃんの臭いはこんなもの、と思っているかもしれませんが、ドッグフードの種類や生活習慣を変えることで改善されるかもしれません。
口臭や体臭で病気がわかることも多いので、そういった変化に気付けるように、普段から臭いを気にして、できるだけ抑えるように工夫した方が良いでしょう。

ページのトップへ戻る