メリットの多いドッグフードって?

メリットの多いドッグフードって?

日本でドッグフードが生まれたのは1960年頃です。
それ以前は人間の食事の残り物を与えていました。
今ではほとんどの飼い主さんがドッグフードを利用しています。
では、なぜドッグフードは普及したのでしょうか。

ドッグフード、特にドライフードにはたくさんのメリットがあります。
まず、価格が安いという点が挙げられます。
安い物では1日当たりの食費が10円以下ということもあり、たんぱく源の肉などを与えるのとは比べ物にならない低価格です。
次に、長期間の保存が可能という点です。
生の肉であれば2日もすれば傷み始めてしまうので、頻繁に購入する必要がありますが、ドライフードは数カ月常温で保存することができます。
加えて準備も簡単です。
調理の必要もなく、量って器に入れるだけです。
洗い物も出ないし、ひっくり返してしまったりしても大して汚れません。
何より魅力的なのは、栄養が計算されていて、必要な量を与えていればバランス良く栄養が摂れるということです。

これらを踏まえて、ドッグフードの中でもメリットの多い商品を考えてみましょう。
準備が簡単、栄養が計算されているという点はどのドライフードでもあまり変わりません。
価格が安く、長期保存ができるものという点を考えてみましょう。
極端に価格が安い物は、質の悪い材料を使っている可能性があります。
また、異常なほどの長期保存ができる物も、添加物をたくさん使用していると考えられます。
このようなフードでは、ワンちゃんが病気になる可能性があり、病院代もかかるので、デメリットの方が大きくなってしまいます。

その他にメリットのあるフードは、肥満予防効果のある物です。
肥満は万病の大敵で、一度肥満になってしまうと運動量が減ってしまい、さらに太りやすくなってしまいます。
病気になったり足などの関節を悪くしてしまったりと、ワンちゃんにとってはデメリットばかりです。
今は太っていなくても、何かのきっかけで太ってしまうこともあるので、あらかじめ肥満予防用のドッグフードを選ぶのも良いでしょう。

単純に安いから、長持ちするからではなく、長い目で考えてメリットが多いかどうかを判断しましょう。
保存期間が短めの物でも、密閉容器などを利用して長持ちさせることもできます。
ワンちゃんの健康を一番に考えて、添加物や使用している原材料など、総合的に判断しましょう。
ドッグフードの口コミも参考になります。

ページのトップへ戻る