一回の食事に適切な量は?

一回の食事に適切な量は?

ドッグフードのパッケージには、どのくらいの量を与えればいいのかが記載されています。
ほとんどの飼い主さんはそれを目安に与えていると思います。
それでも問題はありませんが、どうやって量を判断すればいいのかは知っておきましょう。

まず、ワンちゃんは多くの場合、あるだけの量を食べてしまいます。
野生では食べ残した食糧が次の食事まで残っているという保証はありません。
食べられるうちに食べておこうと考えるので、必要量以上にあげていても食べ切ってしまうのです。
肥満にならないように、飼い主が適正量しか与えないようにしなければいけません。
お腹がいっぱいでもおやつを食べてしまうワンちゃんも多いので、おやつをあげすぎないように気をつける必要もあります。

ドッグフードの適正量は、メーカーや製品によってまちまちです。
パッケージには、体重当たりの量が記載されていると思います。
これは1日分の量なので、たとえば100gであれば50gを2回というように与えます。
成犬なら1日2回、仔犬であれば1日3回のドッグフードが目安です。
ドッグフードの他におやつをあげた場合は、その分ドッグフードを減らす必要があります。
食事をいつも通りに与えた上におやつまで食べさせてしまうと、カロリーを取りすぎて肥満になってしまいます。

同じ体重のワンちゃんでも、必要なカロリー量は違います。
去勢・避妊済みの場合は消費カロリーは落ちますし、妊娠中や授乳中の母犬の場合は普段の2倍も必要だったりします。
高齢だったり運動量が少ない、肥満傾向にあったり原料が必要な場合などは、パッケージに書かれているよりも少なめの量にする必要があります。
成長期や運動量の多いワンちゃんの場合は、消費カロリーも多いので、パッケージに書かれている量では足りません。
パッケージに全てのケースは書けないので、あくまで目安量が書かれているのです。

ワンちゃんの状態や生活の様子に合わせて、食事量を調節してあげるようにしましょう。
それでも肥満になってしまったり、お腹を空かせてエサをねだるようであれば、ワンちゃんの適正量を見直してみましょう。
正しくドッグフードを与えてhttp://xn--qckubrc3d4m.cc/05.html愛犬の健康を保ちましょう。

ページのトップへ戻る