ドッグフードを与えていて問題が発生したら

ドッグフードを与えていて問題が発生したら

ワンちゃんが体調を崩してしまう原因は様々ですが、毎日食べているドッグフードのせいで調子が悪くなってしまうことがあります。
ドッグフードが原因かどうか見極めるにはどうしたらいいのでしょうか。
ドッグフードのせいで問題が発生してしまった場合は、どのように対処すればいいのでしょうか。

ドッグフードが原因の体調不良は様々ですが、下痢やアトピーなどの皮膚炎を起こすことが知られています。
フードの質が悪かったり、ワンちゃんの体質に合わない、添加物の影響、アレルギーなどが原因なので、問題が発生したら違う種類のフードに変えなければ改善しません。
アレルギーの症状としてあげられるのは、かゆみやフケ、抜け毛などの皮膚に出るトラブルの他にも下痢やおう吐をすることもあります。
目や口の周りが赤くなったり、かゆみによって身体を頻繁に舐めたり噛んだりといった行動をとることもあるので、普段と違う様子が見られるようであればアレルギーを疑ってください。

元々あげていたドッグフードから違うものに変えた直後に問題が発生した場合、新しいフードが原因だと考えられます。
しばらくの間は大丈夫でも、アレルギーの症状はアレルゲンが蓄積されることによって後から出ることもあります。
その場合は自分では原因がわかりにくいため、ドッグフードのせいだと気づかないことがあります。
問題に気付けるよう、普段から便などの様子でワンちゃんの体調を良く観察しておくことが必要です。

市販の安価なドライフードの中には、下痢を起こしやすいため便を固める成分を入れているものもあります。
便の硬さだけでなく、未消化のフードが混ざっていないかなども合わせて確認しましょう。
以前使用していたフードに問題がなかったのであれば、一旦前のフードに戻してみるといいでしょう。
飼い始めてすぐに問題が起きてしまった場合は、ペットショップやブリーダーさんに食べていたフードを確認して、それに変えてみましょう。

成長などによって、必ずドッグフードを変えるタイミングがあります。
最初からトラブルが起きることを考慮して、ワンちゃんの体調を観察しながら、少しずつ変えていくようにしましょう。
少しでも様子が違うようであれば元に戻し、獣医さんhttp://animal-dog.com/c01-03-012.htmlに相談するようにしてください。

ページのトップへ戻る